デリケートゾーンのかゆみに耐えられず

こっそりトイレで掻く女性も多いようです。

デリケートな部分の悩みっていくら仲のいい

友達でも恥ずかしくて相談しずらいですよね。

今はドラッグストアでも薬が手軽に買えます。

薬を使ってかゆみを抑えるのも

一つの方法ですが

治まるのは一時的です。

 

数時間後にまた痒くなってくるという人が

ほとんどです。

デリケートゾーンのかゆみ対策に薬を使うと

どんなデメリットがあるのでしょうか。

薬に慣れてしまうと利かなくなる

これはどんな薬にも言えることですが

体が慣れてしまい、初めは薬がきいて

かゆみがひいていたけど

何日も使い続けると

どんどん利かなくなってしまうことがあります。

 

 

手間がかかる

かゆみが酷い場合、一日に5回は塗りなおさなければいけません。

外出先や仕事中は毎回トイレに薬を持ち込まなければいけません。

とても手間がかかりますよね。

べたべた感が気になる

重ね塗りをしていくとどんどん下着も湿っていきます。

おりもの用のシートを使えば大丈夫でしょ?

という人もいますが

かゆみの原因が通気性の悪い『ソレ』でもあるんです。

やはり違和感は常に感じてしまいます。

 

 

薬を使わずにかゆみを治す方法

普段の自己ケアが大切です。

一番定番なのはデリケートゾーン専用の石鹸を使い

清潔を保つことです。

 

市販のボディーソープを使って洗っている人も

多いようですが、市販のものは刺激が強すぎてしまいます。

油分も洗い流してしまうため

乾燥しやすくなってしまい

余計にかゆみを感じやすくなります。

 

専用のジャムウソープでかゆみやにおいが改善される

ジャムウとはインドネシアのハーブや生薬などの総称のことです。

特に成分やハーブの名前というわけではありません。

ジャムウにはデオドラント効果やダイエット、

美肌に効果があると言われています。

日本ではジャムウというと大体がデリケートゾーン専用の石鹸に

使われています。

実際にジャムウ配合の石鹸を使うことでかゆみはもちろん

臭いにも効果的だということがわかっています。

 

今かゆみに人気があるデリケートゾーン専用の石鹸と

保湿剤などをこちらで紹介しています。